実際に建てる前に

 実際に住宅を建築する際には、
その敷地のある場所の地方自治体への「建築確認申請」が必要です。



 設計図書を作り、役所から「建築確認申請」を受けて初めて、その建物を建てられる様になります。

 「建築確認申請」ではこのホームページでお知らせした内容の他にも、
構造上、防火上のチェックや、その地域に特有の様々な規制などについての審査が行われます。
 その手続きの一切は通常「建築設計事務所」が行います。


 建築設計事務所ではそれだけでなく、プランニングのお手伝いや提案なども行います。
自分の建てたい理想の住宅を設計するためには、計画の早めの段階から建築設計事務所に相談される事をお勧めします。


<6.高さのチェック