計画初期時に実際にご提示する事業費(概算)は、だいたい、以下の様なものとなります。
(物価上昇が続いており読めない面もありますが、正式な契約時にはこの金額を下回る様に努力します。Aの値は150以上が条件になります。)

A:施工床面積(坪)
住戸・エントランス・廊下・階段・エレベーター・PS・バルコニーの面積合計

とした時に2022年4月時点での概算建築費は
A×90万円+消費税+オプション価格
となります。

建築費とは別に、以下の費用がかかります。(税込金額)
設計監理費 550万円
地盤調査費用 支持層までの深さ×2万円程度(目安)
確認検査手数料 約12万円
適合判定手数料 約16万円
中間検査手数料 8万円
完了検査手数料 約18万円

地盤調査の結果により、地盤改良が必要になる場合には地盤改良費が掛かります。
(100~500万円が目安です。)

建築以外にも、土地や建物の取得税、登記費用などが掛かりますので、計画時には税理士さんなどにもご相談の上、掛かる費用について十分な検討をお勧めします。