設計費のカラクリ

有限会社向井建築設計事務所の設計監理費は工事費1億円の時に800万円です。
パーセントで書くと8%になってしまいます。
他の設計事務所では、3%と提示するところもあるでしょう。
割高に見えてしまうと思います。
しかし、どんな作業をしているかと理解をして戴ければ、設計監理業務が
3%=300万円で出来るはずのない作業であることに気付きます。

例えば、延床面積400平米(120坪)のマンションの建築費が1億円だった場合。
その設計をするためには、外注先の構造設計事務所に80~100万円の費用を
支払い、設備設計事務所にも80~100万円の費用を支払うことになります。

お客様から戴いた300万円のうち手元に残るのは、多くて半分の150万円です。

私達、一級建築士は、現地調査、役所との協議、確認検査会社との協議、
近隣説明などなど、確認申請前には数週間の時間をかけて、

確認申請のための作図にも1ヶ月、
確認申請の審査対応で2週間。
その他、基本設計が出来上がるまでにはお客様と何度も打ち合わせを繰り返し、
工事中には週一、もしくは、二週に一度の頻度で現場会議に参加、
各階の配筋完成時・役所検査時には監理者として立会い。

この様な莫大な時間を掛けています。
マンション1棟の設計監理をきちんとこなすためには、
半年以上の期間を丸々掛ける必要があるほどの作業量があります。
これを150万円で請け負うことが、果たして可能でしょうか?
(会社経費もこの中から出さなくてはなりません。)

費用的に不可能な筈の設計費が提案される理由。
それは、住宅メーカーが無料で設計を行うのと同じものです。
つまり

「他のところで取っている。」
まず、それ以外に有り得ません。

設計事務所は住宅メーカーと違い、
工事見積を自分で作成してそこに設計監理費を上乗せすることはできません。

割安な設計監理費を謳う設計事務所は、建築主様に対し、工事見積を取る際、
数社の建設会社からの工事見積を自社に集め、内容を精査してからご報告するの
ですが、この時に自社のバックマージンを出してくれる建設業者を優遇するのです。

建設会社は、設計事務所へのバックマージンを払っておきながら、自社は赤字
というのではあまりに馬鹿馬鹿しい。だから、バックマージンを請求された時には
建設会社も、

「自分の利益ももうちょっと上げておくか」と、高めの見積を出してきます。

有限会社向井建築設計事務所では、自社設計物件において、
バックマージンの要求は一切、致しておりません。
また、工事会社からの見積書については、

全て建築主様の手元に郵送をして戴き、それを受け取ることで不正を起こしようのない仕組としております。


結果的に、有限会社向井建築設計事務所でご依頼を受けた物件については、
他社と比べて、総事業費で遥かにリーズナブルな結果を生み出します。
建設会社も「バックマージンが不要なら、限界の数字で勝負しよう!」となります。
設計監理費だけを見て高いと考えず、総事業費でお考えいただくこと。
これは、私どもからのお願いであり、建築主様自身の利益のためでもあります。




< 会社概要